30代でも綺麗になれる|基礎化粧品を買い替えよう

女性

オトナの美肌のために

手

保湿が肝心のオトナ肌

20代と30代の肌では、基礎化粧品やお手入れのしかたもずいぶんと変わってきます。20代のころは、吹き出物などのトラブルに悩まされることが多いのですが、30代になると吹き出物などのトラブルは少なくなっていきます。嬉しいと喜んでばかりはいられません。なぜならそれは皮脂が減ったということだからです。皮脂は完全な悪役ではなく、肌を乾燥から守るという大切な仕事をしているので、皮脂が減るということは、肌が乾燥に弱くなることをも意味しています。ではこの変化にどうやって対処していったら良いのでしょうか。基礎化粧品の中には、オールインワンタイプのものがあります。簡単に言えば、化粧水、乳液、クリームなどをひとまとめにしたもの、といったところでしょうか。若い肌では、これだけで何の問題もなかったかもしれませんが、30代の方は乾燥対策のためにオールインワンタイプの基礎化粧品の前後に化粧水やクリームを足してみるという方法も試してみる価値があります。これによって減少した皮脂が果たしていた役割を補うことができます。30代からの基礎化粧品は質も大事ですが、量をたっぷりと使うことが大切です。また、ビタミンC誘導体やコラーゲンといった、保湿成分の高い化粧品を選ぶと、高い効果が期待できるでしょう。クリームはアイクリームなど、部分的に使うのがおすすめです。目元の小じわに良く効きます。週に一度か二度自分にごほうびという意味も込めて、パックで保湿すれば、何も言うことはありません。